オンラインサロンは自分で作る時代 失敗しないオンラインサロンの作り方

ブログやツイッターで個人が発信できる時代になりました。ただ、オンラインサロンに受け身で参加したとしても結果がついてこない場合が多いです。

参加するよりも自分で運営した方が知識にも経験にもなることから自分でオンラインサロンを作る。

オンラインサロンは今や自分で作る時代になりました。

オンラインサロンとは

オンラインサロンとは、オンライン上でやりとりをして情報共有などができるクローズドなコミュニティです。

オンラインサロンは、基本的には会員にならないとオンラインサロンの情報を見ることはできます。
専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持っていたり、発言力の強い芸能人や個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。
オンラインサロンは有料のものや無料で入れるものがある。

 

オンラインサロンを自分で作る

オンラインサロンを自分で作ることでオンラインサロンに参加することでは得ることができないメリットを得ることができます。

 

オンラインサロンを自分で作るメリット

利益を得ることができる

有料のオンラインサロンを開設すれば、オンラインサロンの会員から会費を得ることができます。

 

知識が得れる

アウトプット大全などでも、アウトプットをすることで知識が得れるということが一般的になってきてます。

オンラインサロンを開くことで否が応でも自分で知識を付けていかなければいけない状況に身を置かないといけなくなります。

自分で勉強をして知識をつけていくことができます。

 

経験が得れる

オンラインサロンを開くことで、コミュニティ運営の経験ができます。

 

オンラインサロンの開設の方法

オンラインサロンには有料と無料で開設する方法があります。

 

有料オンラインサロン

オンラインサロンプラットフォームでオンラインサロンが開設できます。

 

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)オンラインサロン

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)のオンラインサロンサービスです。

 

DMMオンラインサロン

DMMのオンラインサロンサービスです。

 

DMMオンラインサロン手数料

DMMオンラインサロンは手数料がかかります。非公開となっています。

 

無料でオンラインサロンを作る

有料で運用する前に無料でオンラインサロンを作ることをおすすめします。理由としては、無名の人が有料で運用を開始しても会員となる人はほとんどいないでしょう。

まずは無料で人を集め実績を出してから有料化するのがおすすめです。

facebookでオンラインサロンを作る

無料でオンラインサロンを作る場合、facebookのコミュニティを使うのが早いです。

 

オンラインサロンの運営方法

オンラインサロンでは目的にあった運営をしていきます。

具体的には以下の運営方法があります。

 

  1. オフラインやオンラインのイベントを開催
  2. コミュニケーションを促進したり
  3. サロンメンバーの相談にのる

 

オンラインサロンのジャンル

人気のあるオンラインサロンのジャンルをまとめてみました。オンラインサロン開設の際の参考にしてみてください。

 

マネー系オンラインサロン

FXオンラインサロン
仮想通貨オンラインサロン

コミュニティ系オンラインサロン

ブログオンラインサロン

ビジネス系オンラインサロン

集客オンラインサロン

職業系オンラインサロン

大学生オンラインサロン
美容師(美容院)オンラインサロン

タイトルとURLをコピーしました