ブログ記事作成で書けない時に書けるようになる方法

ライターやブロガーなら誰でも記事作成で書けなくなった時があると思います。

そんな時に記事を書き始めれる方法を紹介します。

記事作成で書けない時に書けるようになる方法

記事作成をしていると書くことがないどうしても進まなくなる時があります。

そんなときのどうすれば書けるようになるかまとめました。

 

・過去記事をリライトする
・反響があったツイッターの内容で記事を書く
・過去記事をまとめてまとめ記事を作る
・過去記事の詳細記事を書く
・新しいネタを探す

 

各内容について説明していきます。

過去記事をリライトする

過去記事を書き直す事をライティングの用語でリライトといいます。

記事をリライトをする事で記事の質が高くなり、ブログ全体の質も上がります。

リライトする事で新しい気付きがある

また、リライトする事で新しい気付きがあります。

こんな書き方の方が読者に伝わりやすかったというとうな気付きがあります。

リライトする事でで新しい発見がある

また、リライトする事で新しい発見もあります。記事を見直すことで新しいキーワードが見つかったり、こんなアフィリエイトが読者の方に喜ばれるだろうという新しい発見があります。

 

反響があったツイッターの内容で記事を書く

記事が書けない時は良い記事を書かないといけないとスランプ状態になっていることがあります。そんな時にはどんな記事を読者が求めているかがはっきりすれば記事を書き進める事ができます。

ツイッターで自分をフォローしてくれている人が反応してくれてる投稿があればその内容で記事を書いてみましょう。

ツイッターをしていてフォロワーさんから反響のあった投稿を記事に書いてみると、読者の方も喜んで見てくれますよ。

ツイッターで人気の投稿をデータマーケティングの一つ手段です。

 

過去記事をまとめて、まとめ記事を作る

自分の書いた過去記事をまとめてまとめ記事を作成するのも記事が書けない時には有効な方法です。

まとめ記事はホームページのカテゴリでまとめてみたりするとうまくまとまります。

 

過去記事の詳細記事を書く

過去記事を見直してもう少し補足したい内容などを探し、その内容で詳細記事を書いてみましょう。自分では当たり前の内容でも実は読者の方の知りたい内容の場合もあります。

 

新しいネタを探す

新しいネタを探すしてみましょう。テレビ番組やキーワードツールなどをつかって自分のブログのテーマにあったネタがないか探してみましょう。

 

最後に

ブログやラーティングをしていると誰でも書けない時が出てきます。どのブロガーやライターさんプロの物書きの方も誰もがスランプを迎えています。プロや続けている方は自分なりの解決方法をもっています。もし、ブログが書けないと悩んでいるのであれば、この記事の内容を試してあなたなりの方法を見つけてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました