AIは本当に仕事を奪うのか

AIは今後仕事を奪うか。

これに対しての答えはNoです。

仕事を奪うのは経営者です。

AIは経営者の命令にしたがって自分の仕事を遂行するだけです。

コストカットのため従業員をリストラをするのは経営者です。

それは産業革命の時も同じでした。

ただ、経営者は事業がうまくいかなければコストカットをします。

その時に私たちはどうすればいいのかを紹介します。

AIというより経営者に仕事を奪われないためにどうすればいいのか

・AIを使う側になる
・自分が経営者になる

AIを使う側になる

AIと競い合っても人間に勝ち目はありません。AIはインターネットにつながっていれば、瞬時に情報を探すことができます。そして、電気さえ供給されれば、24時間365日休まずに働くことができます。

あなたはどうすればいいのかというと、AIと競うのではなく、AIを理解してAIを使う側に回ればいいのです。

AIを理解するためには、AIがどんな仕組みなのかを勉強しましょう。実はそんなに難しいことではありません。

AIを使いたい企業のニーズは増えています。AIを勉強すれば企業からの仕事がなくなることはこの10年ないです。

 

自分が経営者になる

自分が経営者になれば、コストカットで辞めさせられることはありません。また、自分がやりたい経営をするためにAIを活用すれば、社員を雇わずともAIだけで会社を回すことができます。

 

AIとどう付き合っていくのかが今後重要

AIが仕事を奪うと言う考えではなくて、自分がどうしたいのかに合わせてAIとどう付き合っていくのかが今後重要になっていきます。

タイトルとURLをコピーしました