補聴器無しでもテレビが見れる!ガイアの夜明けでも紹介された「ミライスピーカー」

65歳以上の3人に1人は、難聴を自覚しているというデータもあります。今後、超高齢者社会を迎えるにあたり難聴の方へのツールは必要さを増していきます。

例えば、老眼に対するニーズも増えてきます。その代表が「はずきルーペ」です。今では、ビジネスマンの利用や店舗での設置も増えてきています。

今後、難聴に関しても補聴器なども増えていきます。ミライスピーカーを使うことで難聴の人がテレビなどの音を聞こえやすくなります。

 

ミライスピーカーとは

世界初の特許技術『曲面サウンド』を搭載した「ミライスピーカー」の30日間無料レンタルサービスです。

 

ミライスピーカーの原理

従来のスピーカーと振動板の構造が異なり、局面サウンド技術を使い、クリアで遠くま届く音を音波を出すことができるため、難聴者に聞こえやすい音を出すことができます。

従来のスピーカーが『コーン』と呼ばれる板を振動させて音が発せられることに対し、ミライスピーカーは『弧を描くように湾曲させた板』から音を発生させます。この音が特許技術【曲面サウンド】であり、異なる音波の特性を持っています。

 

ミライスピーカーの音の特徴

1. 近くの方にはうるさくなく、広く遠くまで音声を届ける
2. 雑音下でも、クリアな音声をしっかり届ける
3. 耳の遠い高齢の方も言葉が聞き取りやすい

 



 

メディアでの紹介実績

ガイアの夜明け・トレたま・おはよう日本など多くのメディアで紹介された実績があります。

 

法人での導入実績

法人向けには、日本航空・野村證券・りそな銀行など大企業が音のバリアフリースピーカーとして導入しています。

 

こんな方に喜ばれています

・テレビが聞こえづらいと感じる方
・高齢者のテレビの大音量にお困りの方
・手元スピーカーでも聞こえづらく感じてきた方
・補聴器はあるが、家でははずしたい方(補聴器との併用可能)
両親が70-80歳代になり、子供50-60歳代世代の方からの申し込みも多いです。プレゼントとして贈っても喜ばれます。

 

ミライスピーカーの効果

おじいちゃんおばあちゃんのテレビの大音量にお困りのご家庭がミライスピーカーを導入で、家庭が明るくなった。

テレビの音量が抑えられて、難聴の高齢者も、健聴の家族も、みんな同じ音量で快適にテレビが楽しめるます。

 

聞こえ方

高齢の難聴の方は、言葉の形が崩れて聴こえることが多く、補聴器などで大音量にしただけでは、言葉の形が崩れたまま大音量になるので、かえって不快になることも多くあります。

ミライスピーカーの音は、「言葉の形が整って聴こえる」というユーザーのコメントもあり、手元にスピーカーをおいて、音量により解決策とは、異なり、音の性質が異なるものです。

国内外特許を取得している他にないテクノロジーです。

ミライスピーカーの価格

ミライスピーカは、30日間無料レンタル実施中です。

 

タイトルとURLをコピーしました