IT未経験でもRPAの転職で成功する方法

RPAが大企業でも導入が進んでおり、RPA仕事に興味を持つ人は多いと思います。

未経験からRPAの仕事に転職するために事前に準備した方が良いことやRPAで安心して転職するための方法を紹介します。

 

RPAとは

RPAとはRobotic Process Automationの略です。

パソコンやタブレットなどに入ったRPAツールが自動的に単純な業務を行います。

メジャーなRPAツールとしてUiPathやWinActorがあります。

 

未経験でもRPAの転職ができるのか

未経験でもRPAの転職ができるのか?

これからRPAの仕事で転職を考える人は気になることではないでしょうか。

答えは、RPAは未経験でも転職しやすい分野です。その理由は大きく二つあります。

 

・RPAはITの専門的な知識は必要ない
・RPAは最近導入され始めた技術

RPAはITの専門的な知識は必要ない

RPAの設定をする際にはプログラムなどの専門的な知識は必要ありません。

RPAはマウスで項目を選択できるGUIの操作画面です。そのため、プログラミングの知識のない人でも簡単に単純な作業を自動化することができます。

 

RPAは最近導入され始めた技術

RPAは最近導入され始めた技術のため、ITに未経験の方でも比較的スムーズに業務に慣れることができます。

ベテランの人や職人堅気の人がいて、仕事を覚えるまで辛い思いをするといったことはあまりありません。

以上、2つのことからRPAの転職はIT未経験の方でもうまくいく可能性が高いです。

RPAの転職成功させるために必要なこと

ITの専門的な知識が求められないとはいえ、RPAの転職を成功されるには、必要なことはあります。RPAの仕事をうまくできるように事前の準備をしておいた方が条件のよい会社に転職することができます。

 

RPAの転職に必要なスキル

RPAの転職に必要なスキルは二つあります。

 

業務分析スキル
RPA化のスキル

業務分析スキル

業務分析スキルとは、業務を詳細まで理解し、単純作業まで細分化できるスキルのことです。

なぜ、RPAで業務分析が必要になるのでしょうか。

それは、そもそもRPAは「業務の自動化」が目的だからです。「業務の自動化」ためには、業務の全体像とどのような作業で構成されているのかを可視化する必要があります。

業務フロー(業務がどのような流れでおこなわれており、どのような順序でおこなわれているのか)や作業項目などを全て洗い出す必要があります。

全てを洗い出すのは、ロボットは自分で判断できないからです。人間であれば、足りない作業があれば自分で判断し、自主的に作業することができます。

しかし、ロボットは指示をしてあげないと仕事ができません。RPAしたい全ての仕事に対して項目を洗い出し、設定しなければいけないのです。

 

RPA化のスキル

RPA化とは、細分化された作業をロボットに設定する作業です。
業務分析し、単純作業まで可視化された作業をRPAツールに設定するスキルです。

RPAの転職を成功される方法

RPAの転職を成功させるためには、実際にRPAツールを使ってRPAを使ってみるのが一番です。

RPAの知識だけあっても、RPAを作るためには時間がかかります。

実際に自分の力でRPAを作ったことのある人は現場ですぐに仕事を始めることができます。

 

RPAの仕事を探す

RPAの仕事を探すことができる求人です。

リクナビ派遣

 

タイトルとURLをコピーしました