未経験からフリーランスでエンジニアを目指すには

未経験からフリーランスを目指したい人は多いと思います。どうすれば未経験からフリーランスを目指せるのかを紹介する。

未経験からフリーランスを目指すなら資格やポートフォリオ(成果)があった方がよい

未経験からフリーランスを目指すのであれば、資格やポートフォリオ(成果)があった方が採用される可能性は高くなります。

採用担当者は入社した後にどれだけの仕事ができるのか知りたいのです。なので、自分がのスキルがわかるポートフォリオ(成果)を採用担当者にみてもらうのが一番早いです。

 

ポートフォリオ(成果)とは

ポートフォリとは「仕事の作品集」です。自分のそれまでの仕事の結果をまとめた資料です。

WEBデザイナー

例えば、WEBデザイナーであれば自分のデザインしたサイトのデザインです。

プログラマー

プログラマーであれば自分がプログラミングしたgithubのコードなどです。

 

未経験の場合のポートフォリオとは

未経験の場合は、それまでの仕事の成果というものはありません。なので、自分で学習して作ったコードやサイトを成果として提出するのがいいと思います。また、資格などを成果とすると採用担当の評価は上がります。

タイトルとURLをコピーしました