保育士のやりがいとは

保育士のやりがいとは、仕事を続けていると立ち止まって考えたくなる時もあるでしょう。

保育士のやりがいとは何かを一緒に考えていきましょう。

やりがいとは

やりがいとはそもそも何でしょうか。

やりがいとは、簡単に表現すると仕事への満足感です。

仕事に対し手応えを感じ、仕事を完了させた時に満足感を感じる事です。

そもそも、人それぞれ、満足するポイントは違います。

それは人によって求めるものが違うからです。

そのため、やりがいも人によって変わってきます。

やりがいには様々な種類があります。金銭的なやりがいや達成した時に感じるやりがいなど、その人の成長の度合いや状況によってやりがいは変わります。

それでは、どのようなやりがいの種類があるか紹介します。

 

仕事のやりがいの種類

やりがいは何?と言われるとすぐに答える事はできない人も多いと思います。

しかし、思い返してみると実はいつもの仕事の中でもやりがいを感じているものです。

仕事のやりがいにはこのような種類があります。

・金銭的なやりがい
・達成したことにやりがいを感じる
・感謝にやりがいを感じる
・褒められてやりがいを感じる
・自分の成長にやりがいを感じる
・認められてやりがいを感じる
・自己実現でやりがいが感じる

保育士のやりがい

保育士の仕事は、子供を相手にするため、子供が好きな人がやりがいを感じる事ができる仕事です。

子供は目を話すとケガをしてしまうことから注意が必要です。視野を広く持つことが必要な仕事でもあります。

子供の成長に寄り添う仕事でもあり、入園式から卒園式まで子供の成長をサポートする仕事です。

卒園では、子供の親から感謝される事も多くあります。

保育士の仕事は仕事を通して様々な想いを感じることができます。人は想いを感じた時にやりがいを感じることが多いです。

保育士の仕事のやりがいについて紹介していきます。

 

金銭的なやりがいを感じる

保育士の仕事は大変なことが多いのですが、お給料が低いです。

ただ、金額が低かったとしても、自分が汗水垂らして働いた仕事で得た給料ですす。お給料をもらった時にやりがいを感じるという方も多いでしょう。

 

達成したことにやりがいを感じる

保育士の仕事は、子供の成長を支える仕事です。子供達が日々成長していく姿

やりがいを感じる人も多いでしょう。

 

感謝にやりがいを感じる

園児の親からの感謝の言葉にやりがいのを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

褒められてやりがいを感じる

大変な仕事を担当した後に、「頑張ったね」「あなたじゃないとできない仕事だね」など先輩や同僚などに褒められる事もあるでしょうか。

褒められた際に感動してやりがいを感じる方も多いのではないでしょうか。

 

自分の成長にやりがいを感じる

最初はできなかった事でも毎日仕事で続けていれば、いつの日か今まで出来なかった仕事ができるようになる日もあるでしょう。

そんな瞬間に自分の成長を感じるでしょう。自分の成長に対しやりがいを感じる方も多いのではないでしょうか。

 

認められてやりがいを感じる

仕事を続けていく中で信頼され「あなたなら任せられる」と先輩や上司などから仕事を任せられてる時もあるでしょう。

そんな時に仕事にやりがいを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました