WordPressでGoogleしごと検索(Google for jobs)を導入する方法

WordPressでGoogleしごと検索(Google for jobs)を導入する方法を紹介します。

 

WordPressでGoogleしごと検索(Google for jobs)を導入する方法

WordPressでGoogleしごと検索(Google for jobs)を導入する方法はまずは求人情報のページを作成します。

次に求人情報ページのheader部分にjobpostingのコードを書き込みます。

※事前にGoogle Search ConsoleでGoogleしごと検索に表示させたいWordPressのページのSitemapを送信しておくことが必要です。

 

Googleしごと検索(Google for jobs)のプラグイン「wp-job-manager」

Googleしごと検索(Google for jobs)に表示することができるWordPressのプラグインは「wp-job-manager」です。

以下からダウンロードする事ができます。

WP Job Manager
WordPress の管理画面から求人一覧を管理し、ユーザーが自分のサイトに求人情報を直接投稿できるようにします。

 

「wp-job-manager」の使い方

WordPressの「プラグイン」のメニューでwp-job-managerをダウンロードします。

次にwp-job-managerを有効化します。

有効化後にメニューに求人情報という項目追加されます。

新規追加を押して新しい求人情報ページを作ります。

求人の種類を選択し

応募のページもしくはメール、地域、会社名、企業サイト、企業タグライン、応募期限を入力するだけです。

 

地域には住所
会社と企業サイトは自分の会社で大丈夫です。
企業タグラインに会社の説明を入れましょう。

 

wp-job-managerは、自動的にheaderにjob postingのコードをマークアップしてくれます。

 

応募ボタンを作ることもできます

wp-job-managerは簡単に応募ボタンを作ることができます。

wp-job-managerは登録画面に応募ページのurlを入力すれば応募ボタンを自動的に作成してくれます。

WordPressの導入までが不安な場合

WordPressにGoogleしごと検索を導入するまで不安を感じている人は、indeedとGoogleしごと検索に対応のWEBサイトを作成してくれるサービスがあります。

以下のリンクから詳細情報を確認できます。

採用にお困りなら!Googleしごと検索とIndeedに完全対応の「しごとパックCMS」

タイトルとURLをコピーしました