社宅や社員寮のコストを安くするなら東京で家賃3万円からの『シェアドアパートメント』

近年、社宅の老朽化や借り上げなどのコストが高く、お困りの中小企業の方は多くなってきています。

 

社宅・社員寮のコストを安くできる

社宅・社員寮の場合、1棟借り上げ、 一般賃貸の借り上げ、 家具付きマンスリーアパートの借り上げなどが主流となっています。

 

初期費用が50万円以上コスト削減

一般的な社宅の賃貸の借り上げで比較すると、 シェアドアパートメントは、通常の必要な敷金、 礼金、 仲介手数料が不要です。

さらに、 家具家電が設置されているため、新規購入は不要になるので、 初期費用のコストとしては、 50万円以上のコスト削減になります。

 

年間5000万円以上のコスト削減も可能

100室の社宅を持っている企業の場合、初期費用では、9割以上のコスト削減になり、年間のランニングコストでは半額以下になり、5000万円のコスト削減になります。

 

 初期費用

50万×100室=5000万円

※23区内のワンルールの家賃平気7.8万円の社宅を3万円家賃+1万円の共益費のシェアドアパートメントに変更した場合

 ランニングコスト

3.8万×12ヶ月×100室=4560万

  ※7.8万円の家賃の社宅を3万円家賃+1万円の共益費のシェアドアパートメントに変更した場合

一般賃貸と比較して初期費用と家賃が安く、清掃、メンテナンス、入居者クレーム対応などの管理業務をシェアドアパートメントに一本化できるため、コストと時間を削減ができます。

寮・社宅をお探しの企業にもぴったりです。

※シェアハウス入居者年齢制限:18歳〜39歳まで

 

『シェアドアパートメント』の魅力とは




『シェアドアパートメント』は、シェアハウス安く住むことができます。

また、契約も引っ越しも簡単です。

 

初期費用が安い

『シェアドアパートメント』は、初期費用が安く抑えることができます。また、負担頂くのは初期費用3万円のみです。

 

 

・敷金0円
・礼金0円
・仲介手数料0円
・初期費用3万円のみ

 

家賃が安い

東京23区の家賃は一番安い足立区でさえ7,5万円なのに、シェアドアパートメントならその半分以下の3万円から住むことができます。

 

家賃が3万円〜

※別途共益費1万円(水光熱費込)が必要になります。

 

メリット

『シェアドアパートメント』のメリットは新しく清潔で住みやすいです。

 

・新築・築浅の物件
・全室鍵付き個室。
・個室内にテレビ・冷蔵庫・ベッド・机・椅子などの家具・収納が備え付け。
・共用部は最低限の水回りのみ。

 

物件数が多い

シェアハウスが、300物件3500室以上あり、日本最大級の物件数です。
東京の人気エリアへのアクセスも抜群です。

 

『シェアドアパートメント』のサービス内容

『シェアドアパートメント』は住むだけでなく、便利なサービスをたくさん提供しています。

 

・1ヵ月から契約可能
・保証人不要
・共用部清掃サービス
・トイレットペーパー・調味料・ゴミ袋などの備品の無料補充
・物件間の移動無料
・WEB入居申し込み可
・土日祝も営業
・日英韓中対応可

 

 

入居の問い合わせ

公式ホームページから入居の問い合わせができます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました