AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座

AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座について紹介します。

 

AI人材が2030年には足りなくなる

経済産業省によると、AIなどの高度IT技術者が2020年には約30万人、2030年には59万人が不足すると予想されています。旺盛な人材ニーズに供給が全く追いつかない状況になっています。

 

AI人材のニーズは今後高くなる

AI人材の不足に伴い、AIの知識の高いAI人材のニーズは間違いなく高くなっていきます。

 

E資格試験とは

ディープラーニングの知識を測る試験

一般社団法人日本ディープラーニング協会が定義する「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材に必要なスキルセット」を習得しているかどうかを測るエンジニア向けの試験です。

AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニングの講習が必要になります。

講習については、一般社団法人日本ディープラーニング協会が認定したスクールにて受けることができます。

タイトルとURLをコピーしました