AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座なら「iStudy(アイスタディ) ACADEMY」

AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座なら「iStudy(アイスタディ) ACADEMY」について紹介します。

AI人材が2030年には足りなくなる

経済産業省によると、AIなどの高度IT技術者が2020年には約30万人、2030年には59万人が不足すると予想されています。旺盛な人材ニーズに供給が全く追いつかない状況になっています。

AI人材のニーズは今後高くなる

AI人材の不足に伴い、AIの知識の高いAI人材のニーズは間違いなく高くなっていきます。

iStudy(アイスタディ)ACADEMYとは

アイスタディは、新たにAIなどの先端IT技術の習得を考える意欲ある方を対象に、以下をおこなっています。

  • AIの知識であるディープラーニングの学習コースの提供
  • 人材ニーズ情報の提供(転職支援)


E資格試験とは

ディープラーニングの知識を測る試験

一般社団法人日本ディープラーニング協会が定義する「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材に必要なスキルセット」を習得しているかどうかを測るエンジニア向けの試験です。

iStudy(アイスタディ)ACADEMYではE検定の認定プログラムが受講できる

このE資格試験を受けるには、日本ディープラーニング協会が認定した事業者の認定プログラムの受講と修了認定が必須となります。
当社の「現場で潰しが効くディープラーニング講座」は日本ディープラーニング協会の認定プログラムです。

iStudyACADEMYが選ばれる理由

日本ディープラーニング協会主催のAI資格試験にも対応し、実践習得に特化eラーニングと通学講座の良いとこ取りをしたオンラインコースを受けることができます。

1.日本ディープラーニング協会主催のAI資格試験にも対応

本コースは日本ディープラーニング協会(JDLA)のDeep Learning資格試験(E資格)の受験に必要な、協会認定のプログラムです。
E資格を受験するためには、協会認定プログラムの受講と修了認定が必須となります。

2.実践習得に特化

生の現場での実装課題や、技術課題、開発研究への取り組み方を習得し現場での応用力をつけます。
現役のAIエンジニアが動画で解説するとともに、視聴課題レポートの評価を行います。
また、単に「プログラムが動く」「規定の精度が出た」というレベルではなく、実装過程を説明できるスキルを身につけることができます。

3.eラーニングと通学講座の良いとこ取りをしたオンラインコース

これまでに延べ430社77万人の利用実績があるアイスタディの学習管理システム(iStudy LMS)で、いつでもどこでも講義動画、テスト、演習に取り組んでいただけます。通学講座と違って、分からない個所も分かるまで繰り返しの学習が可能です。
また、視聴課題レポートの評価や、オンラインライブでのE資格試験対策特別講義も含まれており、通学講座と比べても遜色ありません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました