AI時代に必須のディープラーニングの資格「E検定」が1分でわかる

AI時代に必須のディープラーニングの資格「E検定」を1分で紹介します。

AI人材が2030年には足りなくなる

経済産業省によると、AIなどの高度IT技術者が2020年には約30万人、2030年には59万人が不足すると予想されています。社会の求める人材ニーズにAIなどの高度IT技術者が全く追いつかない状況にです。

AI人材のニーズは今後高くなる

AI人材の今後の不足に伴い、AIの知識の高いAI人材のニーズは間違いなく高くなっていきます。

E資格試験とは

ディープラーニングの知識を測る試験

一般社団法人日本ディープラーニング協会が定義する「ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力を持つ人材に必要なスキルセット」を習得しているかどうかを測るエンジニア向けの試験です。

試験内容

概要:ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する
受験資格:JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること

JDLA認定プログラムの認定校iStud ACADEMY
試験概要:120分の会場試験にて、107問(前回実績)を出題
試験会場:全国の指定試験会場から、お申し込み時に選択
出題問題:シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの出題

  • 応用数学
    • 線形代数
    • 確率・統計
    • 情報理論
  • 機械学習
    • 機械学習の基礎
    • 実用的な方法論
  • 深層学習
    • 順伝播型ネットワーク
    • 深層モデルのための正則化
    • 深層モデルのための最適化
    • 畳み込みネットワーク
    • 回帰結合型ニューラルネットワークと再帰的ネットワーク
    • 生成モデル
    • 強化学習

申込期間・試験日:公式HPにて確認
受験料:一般 32,400円 (税込) 学生 21,600円 (税込) JDLA正会員・賛助会員 27,000円 (税込)

AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座なら「iStudy(アイスタディ) ACADEMY」
AI資格の「E資格試験」合格のためのディープラーニング講座なら「iStudy(アイスタディ) ACADEMY」について紹介します。 AI人材が2030年には足りなくなる 経済産業省によると、AIなどの高度IT技術者が2020年には約30...

 

タイトルとURLをコピーしました