ITエンジニアが副業するために必要な3つのこと

人手不足でAIやRPAへのニーズが増えてきております。

また、セキュリティに関しても攻撃者の手法はどんどん高度化してきています。

企業の持続的な成長をするためにはITの技術者はどんどん必要性不可欠なものになってきています。

そのような社会的ニーズも増えてきており、ITエンジニアはますます社会から求められてきております。

また働き方改革という社会的な後押しもあり、副業も解禁されてきています。

ITエンジニアが副業でか活躍できる時代が到来しました。

ITエンジニアが副業するために必要な3つのことを紹介します。

 

本業の雇用契約に反しないようにする

本業で結んでいる雇用契約に違反しないように気をつけましょう。ITエンジニアは本業の会社やクライアントとの雇用契約を結ぶ必要があります。同業の会社で副業で働いて雇用契約に違反するようなことがないように気をつけましょう。

経験やポートフォリオなど用意しましょう

クライアントに評価されるようにいままでの経験を整理したり、自分の作成したポートフォリオなどを用意しましょう。

自分のやりたい仕事を明確にしよう

自分のやりたい仕事がはっきりしていないと副業選びがなかなか進みません。自分のやりたい仕事を明確にしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました