MicrosoftのAIで自動化ができるRPA『Power Automate』とは

MicrosoftのRPA『Power Automate』が発表されました。Microsoftの自動化ツール『Microsoft Flow』はPower Automateになり、RPA機能の追加やAIを使ったRPAの自動化が可能となりました。

 

Power Automateとは

Power Automateとは、何百ものアプリやサービスをシームレス使うことができる自動化プラットフォームです。

Microsoft Power Automate(以前のMicrosoft Flow)にロボットプロセスオートメーション(RPA)機能が追加されます。

簡単に説明すると、ユーザーは意識をせずに簡単な操作だけでRPAを使うことができるようになります。

UIフローは、現在利用可能なデジタルプロセスオートメーション(DPA)の豊富な機能セットと、RPA UIベースのオートメーションを組み合わせて、自動化環境を作成します。

デジタルプロセスオートメーション(DPA)とは、BPM(ビジネスプロセスマネジメント)を発展させユーザーやコールセンターから始まる業務の一連のプロセスを自動化することです。

簡単に説明するとUIフローでは多機能なDPAの機能とRPAの自動化を組み合わせて、業務の自動化を実現します。

 

UIフロー(プレビュー)でAIによる自動化

UIフローでは、ユーザの行うマウスクリック、キーボードの使用、データ入力などのプロセスをAIが学習し、シンプルな操作でワークフローに変換します。

Power AutomateのAIビルダー機能を使用する事で、ユーザーが業務としておこなっている単純な作業をAIに置き換えれます。

例えば、請求書とフォームの処理、バイナリ分類、オブジェクト検出、テキスト分類などのデータ処理を管理するAIモデルを簡単にトレーニングします。

 

Power Automateの使い方

以下のページからMicrosoftアカウントでログインすることでPower Automateの前身のMicrosoft flowの作成ページに移動します。

Microsoft Power Automate | Microsoft Power Platform
Microsoft Power Automate (以前の Microsoft Flow) の自動化されたワークフローを簡単に作成し、ビジネス プロセスの自動化により生産性を向上させることができます。

Microsoft flowはios、Android、Windowsなどのスマホアプリが提供されています。ダウンロードする事ができます。

スマホアプリから使う場合は、Microsoft flowアプリをインストールして、Microsoftアカウントでログインするだけですぐに作成することができます。
テンプレードから簡単にFlowを作成できますので、簡単にRPAを作成することができます。

スマホの「Microsoft flow」アプリをダウンロードして使用方法については少し試してみました。

ボタンを押すとRPAが動く「ボタン」という機能やテンプレートなどからFlowが簡単に作成できます。

Androiadアプリでダウンロードしましたが、Officeが使えない環境だと活用できる要素が少ないと感じました。

Office365などを導入している環境であれば活用できるのではないかと感じました。

 

Power Automateの価格

基本的にはPower Automateの前身のWindows flowの価格の以下になる可能性が高いです。

プラン | Microsoft Power Automate
Compare Microsoft Power Automate costs and find detailed pricing information as well as licensing guides.

アカウントを登録することで無料の体験することもできます。

タイトルとURLをコピーしました