認知症の相続対策なら知っておきたい『家族信託』相談などもわかりやすく解説

認知症の相続対策なら知っておきたい『家族信託』について相談方法などについてもわかりやすく解説します。

家族信託とはをわかりやすく解説

NHKの朝の情報番組「あさイチ」でも「家族信託」がテーマとして取り上げられ「家族信託」の重要性が社会的に多くなっています。

家族信託とは財産をお持ちの方(委託者)が、自分が元気なうちに、信頼できる人(受託者)へ財産を託すことです。
財産の名義を財産をお持ちの方(委託者)から信頼できる人に写します。
(制度上は遺言でも可能ですが、実際はほぼすべてが契約によります。)
財産の名義を信頼できる人(受託者)に移すことで、自分に代わって財産の管理や運用、場合によっては売却などの処分を行ってもらう制度です。

更に詳しく家族信託について解説

認知症の相続対策として『家族信託』

認知症になってしまった後に自宅を売却しようとする場合、困った時に成年後見制度を活用するしかありません。しかし、成年後見制度は裁判所とのやり取り必要で大変です。また、成年後見制度で毎月5万円~ほどの報酬が掛かってしまいます。

また、認知症で老人ホームなどに入ってしますと家は空き家となってしまいます。空き家を放置してしまうと年間数十万円の維持費がかかってしまいます。

そのような場合、家族信託を「家族信託」を使うと、受託者に権限が移りますので、認知症になって財産が凍結する前に、管理や修繕、リフォームや建築場合によっては売却などで事前に対応することができるのです。

認知症になった場合の家族信託を更に詳しく解説

家族信託の流れ

お客様の想いとお持ちの資産の確認・簡易評価
現状の分析と家族信託のスキームの提案・確定
契約書の作りこみ・公証役場との事前折衝
公証人の面前での家族信託契約
各財産の名義変更(登記や預貯金の移動など)

専門家に相談した時の流れを知りたいなら

家族信託の期間

一般的には、家族信託のサポートを開始してから手続きが完了するまで、1~6ヶ月かかります。

家族信託の専門家に相談するのが一番

家族信託が違法と判断されるケースもあるの家族信託の専門家に相談するのが一番です。

以下のような疑問をお持ちの肩は多いと思います一度家族信託のプロに相談してみましょう。

家族信託の契約書は何がひつようか
家族信託は必要ないのではないか
家族信託を夫婦でできるのか
家族信託の解除するにはどうしたらいいか
家族信託の費用の相場
家族信託は行政書士
タイトルとURLをコピーしました