『b→dash(ビーダッシュ)』おぎやはぎのCMで話題のデータマーケティングツール

『b→dash(ビーダッシュ)』とはb→dashはデータマーケティングを「いつでも」「誰でも」「ひとつで」実現するマーケティングプラットフォームです。

企業が保有するユーザーデータ、Web・広告データ、購買データなど、マーケティングプロセス上に
存在する全てのビジネスデータを一元的に取得・統合・活用することが可能です。

b→dash(ビーダッシュ)の導入企業

b→dashは、業界を牽引する大手企業や急成長のベンチャーなど、業種業界を

『b→dash(ビーダッシュ)』の機能

データキッチン

データキッチンは、SQLなどのプログラミングの知識がなくても、自由にデータを処理・加工・活用できる、世界初の技術です。b→dashのデータアナリストが25万時間以上をかけて蓄積してきた、110の業種の13万テーブル分の統合ナレッジをGUIに”昇華”させた技術で、UI/UXが分かりやすく設計されており、データを活用したい人は誰でもb→dashの操作画面上で直感的にデータを使いこなすことができるようになります。

引用:b→dash

データベースの知識がなくても安心してデータを扱えます。

データ統合

データマーケティング実現のためには、あらゆるデータを紐付け、統合して使える状態にしておかなければなりません。b→dashではユーザーのWebサイト上の行動履歴、企業が持つ顧客情報や購買情報、商品情報だけでなく、広告情報や地域情報、果ては天気などの情報までも取込み、関連付けておくことで、顧客インサイトを導き出し、一人ひとりに最適化されたOne to one マーケティングを実現しています。

引用:b→dash

データの管理やデータを簡単にくっつけれます。

マーケティングオートメーション

データマーケティングでユーザーへのアプローチを行う基本的な機能になります。b→dashでは、従来のメールによるアプローチだけでなく、LINEやSMS、アプリPUSHといった多様なチャネルによるアプローチが可能です。また、b→dash内のあらゆるデータに基づいた細やかなセグメンテーションや配信ルールにより、従来のマーケティングツールでは実現できない、豊かなユーザー体験を演出することが可能です。

引用:b→dash

データをもとに自動でマーケティングを行います。また、LINEやSMSやアプリのPUSH昨日と連携します。

Web接客

サイトやアプリに訪れた顧客の、デモグラフィックデータや行動情報を元に、適切なタイミングでバナーを表示しクーポン配布や告知、カゴ落ちリマインドなどのアプローチを行うことが可能です。UI/UXにこだわるb→dashだからこそ実現できる、直観的で簡単な設定で、ユーザーへのきめ細やかなアプローチ、顧客体験を実現します。

引用:b→dash

Webやアプリでのバナー表示やクーポン配布や告知をします。

BI

今お使いのBIツールはどのようなツールですか。どんなに綺麗なグラフが作れても、操作が難解だったり利用できるデータが少なければ、分析ツールとしての役割を果たせていません。b→dashなら、b→dash内のすべてのデータを活用してきめ細やかな分析を行うことができます。豊富に取り揃えられたテンプレートや直観的なUIによって、使う人を選びません。「これなら、使える」と多くの声を頂いた「本当に見たい数字が見える」b→dashの分析で、データの“見える化”を進めましょう。

引用:b→dash

BIとは「Business Inteligence(ビジネス・インテリジェンス)」の略で、各部署の企業の膨大なデータを経営や売上に活用する事です。

LINE連携

LINEビジネスコネクトを利用して、顧客へアプローチを行うことができます。メールよりカジュアルなLINEコミュニケーションは、顧客との距離を縮め、エンゲージメントを高めるにはピッタリ。もちろん、b→dashのデータを用いたOneToOneなコンテンツによって、より身近なタッチポイントを持ち、密にブランディングを図ることが可能です。

引用:b→dash

広告連携

b→dash上に存在するデータを活用したセグメントを、広告管理プラットフォームにcookieリストとして送信することができます。これにより、従来のデジタル広告では作成できないセグメントを使った配信や、新たな類似オーディエンスの拡張など、デジタル広告の運用の幅が広がります。

引用:b→dash

SMS配信

携帯電話番号を元に約70文字前後のショートメッセージをユーザに配信することができます。期間限定セールなど即時性が求められるプロモーションや、来店リマインドなどユーザに確実に伝えたい情報を配信することに適しています。また、開封率がとても高いため、販促メールを開封しないユーザに対してSMSで販促を行うなど、クロスチャネル施策で活用すると高い効果が見込めます。

引用:b→dash

レコメンド

ユーザーの過去の購買動向から導き出される行動特性やweb上での行動、売上金額によるランキングなどデータマーケティングに必須なロジックを標準搭載、最適なアルゴリズムが誰でも簡単に実現可能です。Web / メールの両方に利用可能で、メールから流入したユーザーへのweb上でのレコメンドや、webで購買に至らなかったユーザーへのクロージングとしてレコメンドメールを実施するなど、施策の幅は大きく広がります。

引用:b→dash

レコメンドとはユーザーの行動をもとにユーザーの好みにあった商品を提案することです。

CMS(フォーム)

お問い合わせページや資料請求ページなどの各種フォームをb→dash上で作成することが可能です。作成したフォーム上で顧客が入力した情報はもちろん、b→dash内の統合IDによって入力者のデータを識別することも可能です。 データはシームレスにb→dashに連携されるため、複雑な設定の必要なく、すぐに施策や分析での利用が可能です。

引用:b→dash

CMSは決まったフォームに合わせてコンテンツを表示できます。

LPO

個々のユーザーの目的に合わせたテキストやクリエイティブを用意することで途中離脱を防ぎ、効率的にCVへ遷移させることは、集客(広告)の費用対効果を最大化するには必要不可欠です。どんなにコストをかけてユーザーを集客しても、それがサイト本来の目的に結びつかなければ意味がないため、「WEBテスト」による継続的なサイト改善は非常に重要なマーケティング施策です。

引用:b→dash

LPOとは、ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)の略でランディングページを最適化し結果に結びつけていく事です。

ABテスト

Webページやメールなどを複数のパターン用意して、訪問者に対してパターンを自動的に振り分けて表示することが可能です。ABテストは改善のためのアプローチであり、設定や管理に手間がかかっては意味がありません。UI/UXに優れたb→dashを利用すれば、手間なく効率的にABテストができます。継続的な効果測定を行い、どんどんPDCAを回しましょう。

引用:b→dash

ABテストとは複数のパターンを比較してコンテンツを改善していくことです。

Push通知

アプリから、狙ったタイミングで効果的なpush通知を送ることが可能です。今や生活の一部になったスマートフォンを利用し、アプリユーザーに日常的なタッチポイントを増やすよう促すことができます。アプリの特定ページへ直接誘導することができるため、CVRの向上が狙えます。引用:b→dash

Push通知とは、スマホの昨日でユーザーへの通知を行う事です。

タイトルとURLをコピーしました