Googleしごと検索(Google for jobs)が2019年に求人採用に破壊的イノベーションを起こすのか

Googleの求人サービスGoogle for jobsがGoogleしごと検索という名前で2019年1月23日にも開始されました。Googleの求人サービスは以前より話題になっていたGoogle for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)です。

この記事では以下について随時更新していきます。

  • Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)とはなにか
  • Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)にどう対応するのか
  • ホームページにGoogle for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)の構造化を実装していくのか
  • Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)が求人のやり方の技術革命を起こす

 

Googleしごと検索(Google for jobs)とはなにか

検索結果に求人情報ダイレクトに表示される

そもそも話題になっているGoogle for jobsとはユーザーが求人情報を検索するとマッチングした会社の求人情報が表示される検索サービスです。

Googleの検索結果にリッチザイルが表示されます。リッチザイルはコンテンツを検索結果に表示することです。

Google for jobsに登録されているか確認する方法。

先行でリリースされているアメリカのGoogle for jobs の場合、検索ワードにjobsと入れることで結果が表示されます。

https://noyarikata.work/600/
 
google for jobs(グーグルフォージョブズ)とは

検索結果に求人情報ダイレクトに表示されると考えててください。

Googleは開発者向けにjob-postingのページを用意しています。これがgoogle for jobsに近いと考えられてます。詳細は以下参照ください。

Enriched Search Results - Search Console Help
In addition to standard rich results, Google Search supports a more interactive and enhanced class of rich result called enriched search results. Enriched searc...

Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)の使い方

Google for jobsの使い方はGoogle検索で「求人 キーワード」で仕事情報が検索できます。

indeedみたいに仕事情報が表示されます

「求人 地名」「求人 職種」などおすすめです。

 

Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)の開始時期

Google for jobsの開始時期は2019年1月と新聞では報じられてます。

2019年1月23日の時点ではgoogle for jobsまだ開始されました。開発者向けのページでもアジア地域で日本は対象となっていません。

Googleの本社のあるアメリカ海外ではすでにリリースされています。

 

Googleにクロールされる必要がある

search consoleの求人登録されるのはGoogleにクロールされてからになります。

 

求人採用ページはGoogle for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)にどう対応するのか

まだ、正式にはリリースされてないので想定になりますが、Google for jobsに対応するにはホームページのコードにGoogle for jobsに対応するための構造化データを追加することでなります。

 

ホームページにGoogle for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)の構造化をどう実装していくのか

まだ、正式にはリリースされてないので想定になりますが、ホームページの構造化するための追加コードは以下のページの情報になります。

Job Posting  |  Search  |  Google Developers

headerに以下構文を記述

<script type="application/ld+json">{   "@context" : "http://schema.org/",   "@type" : "JobPosting",   "title" : "職種",   "description" : "説明",   "identifier": {     "@type": "PropertyValue",     "name": "会社名",     "value": "1234567"   },   "datePosted" : "yyyy-mm-dd",   "validThrough" : "2017-03-18T00:00",   "employmentType" : "雇用形態",   "hiringOrganization" : {     "@type" : "Organization",     "name" : "会社名",     "sameAs" : "会社url",     "logo" : "http://会社url/images/logo.png"   },   "jobLocation": {   "@type": "Place",     "address": {     "@type": "PostalAddress",     "streetAddress": "市町村以降",     "addressLocality": "市区町村",     "addressRegion": "都道府県",     "postalCode": "郵便番号7桁",     "addressCountry": "JA"     }   },  "baseSalary": {     "@type": "MonetaryAmount",     "currency": "円",     "value": {       "@type": "QuantitativeValue",       "value": 給与額,       "unitText": "月給or日給or時給"     }   } } </script>

Google for jobs(グーグル·フォー·ジョブズ)が求人採用のやり方の破壊的イノベーションとなるのか

最後にGoogle for jobsが求人採用やり方の破壊的イノベーションとなるのか。

 

求人採用へGoogle for jobsはindeedを超えるのか

求人採用における破壊的イノベーションとしてはindeedの日本上陸がありました。

indeedに既存の求人媒体が掲載されるので共存しています。

Google for jobsも同じように共存するのかどうかが既存の採用に影響を与える事になるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました