GoogleAdsense合格!一番大事な価値の高い記事を書くポイントが5分で分かる

GoogleAdsenseにこのブログ「新しいやり方の教室」が合格しました。

これからGoogleAdsenseを考えている人やなかなかGoogleAdsenseで合格しない人向けにこのサイトで気をつけたポイントをシェアします。
すでに別のサイトでアドセンスを合格しています。なので、今回はサイトの追加になります。ただ、記事を書く際の考え方は参考になると思います

 

Google Adsenseの審査の際に大事な記事を書くポイントをまとめました。

 

読者(ユーザー)にとって価値の高い記事を書く

 

著作権など法律に違反してない記事を書く

 

不正をしない

 

法律を守る、不正をしないというのは当たり前に実施していると思います。
※審査でNGだった人はアドセンスアカウントページ→サイト→申請したサイト→詳細でNG内容が確認できます。法律や不正でNGだった場合はコンテンツを修整するか、大変な場合は新しいサイトを作るか、諦めてアフィリエイトなど別の収益手段を検討しましょう。)

 

なので、注力するのは価値の高い記事を書くの1点です。価値ある記事であれば文字数も関係なく、1記事でも審査は通るでしょう。

 

Google先生(ウェブマスター品質ガイドライン)でも価値の高いオリジナル記事を書く必要があると書かれてます。
(ざっと読み飛ばしてください。)

ユーザーや広告主に良い経験を保証するために、AdSenseプログラムに参加しているサイト運営者はウェブマスターの品質ガイドラインを遵守する必要があります。

あなたのサイトに付加価値があることを確認してください。発行者は、複数のページ、サブドメイン、または実質的に重複するコンテンツを含むドメインを作成することはできません。
サイト運営者は、ユーザーが最初に自分のサイトにアクセスする理由を提供する、独自の関連性の高いコンテンツを提供する必要があります。
検索エンジン専用に作成された「出入り口」ページ、またはオリジナルコンテンツがほとんどまたはまったくないアフィリエイトプログラムなどのその他の「Cookie切断」アプローチは避けてください。
引用:ウェブマスターの品質ガイドライン

 

どうすればいいのかわかった所で、どうすれば価値が高い記事となるかを紹介します。

 

オリジナル記事を書く

ネットの情報をそのまま使うのではなく自分で情報を調べて記事を書く
ネットの情報をそのまま使ったとしても人を真似たコンテンツだとみなされます。

 

情報の内容が正しいかどうかをロジカルに考えて、正しいものを記事にする
自分の調べた情報が本当に正しいか確かめてから記事にする事で信頼される情報になります。
例えば商品名を記事にする時は広告文句が本当に裏付けが取れているか確認しましょう。

 

調べた情報を自分の言葉で記事にする
コピペやそのまま引用するのではなく、必ず自分の言葉に変えて書きましょう。

 

SEOを意識して記事を書く

Google AdsenseはSEOと連動しています。

簡単に説明するとGoogle広告→Google Adsenseです。

Google広告は検索エンジンと連動しています。なので、SEOを意識することでAdsenseでも価値の高いとみなされると考えられます。

ポイントは、Googleが広告収入を得ることができ、Googleの検索エンジンでいいサイトと評価されるサイトは価値の高いサイトです。なので、Adsenseに通ります。

 

SEOを意識するために大事なことをシェアします。

 

自分の興味あるテーマで検索数が多いキーワードを探し記事書く
まずは自分の興味のあるテーマでよく検索されているキーワードをキーワードツールで探します。

 

キーワードについてカテゴリ、タブを構造的にきれいに設定する
キーワードが決まったら記事を書き、カテゴリやタブをきれいに設定します。
一度、キーワードをGoogleで検索して下に出てくるキーワードの組み合わせもとにツリーの形でカテゴリとタブを設定していくと良いです。

 

文字数は気にせず読者が必要なサイズの記事にする

文字数は特に決めず読者が読みやすいサイズの記事にする

文字数は決めずに記事を読み直して満足感があればいいです。

 

Google広告のキーワードプランナーにサイトが表示されると価値あるページか確認中

Google広告のキーワードプランナーで自分のサイトが表示され、広告単価が決まっていると価値あるサイトと判断されると考えられます。

現在、実際に正しいか確認しています。

 

以上、GoogleAdsenseの合格に役立てば幸いです♪

タイトルとURLをコピーしました